FC2ブログ

なんでもあり★(色々思うこと、音楽、映画、スピリチュアル、韓国語、英語etc...)

エネルギーが余っています。やりたいことがたくさんあります。

01<< 1234567891011121314151617181920212223242526272829 >>03

プロフィール

ayanochiyu

Author:ayanochiyu
エネルギーをもてあましています。
子育てが終わり、好きなことが多くて毎日大忙し。
人生1回、いつ死ぬか分からないので、楽しく生きましょう!

好きなもの
映画、音楽、美術、語学、歴史、スピリチュアル、食べ物 etc.,

・ECC、ジオスで韓国語講師経験あり。お笑い芸人さんへの授業などなど。)
・韓国政府機関勤務、外資系・韓国企業などなど渡り歩く。

◆エッセイ、書評など入賞、体験談掲載
(毎日新聞、鶴書院、スローライフジャパン、中央公論社、TOEICメールマガジンetc...)

「ジーア/悲劇のスーパーモデル」主演:アンジェリーナ・ジョリー



今週末はこの映画を見ました。

いやはや、アンジエリーナ・ジョリーの演技がしっくりきていて、見入ってしまいました。
ファンではありませんが、孤独なモデルを違和感なく演じていて、狂気の淵までとても自然に見えました。

ジーアは、孤独でした。
愛を求めて求めて、常に満たされない
その孤独に耐えられず、ドラッグまみれになっていきます。

愛する人へのちょっとした不安から、
ドラッグにまた手を出し、
更正してもまた繰り返します。

これはインナーチャイルドですね。
子供の時に、母親が浮気をして、出て行ってしまいます。
その後も母親とたびたび会ってはいますが、既に再婚しています。

見捨てられる不安
裏切られる恐れ
置き去りにされる恐怖

ジーアは心にそういった闇を抱えたまま、大人になってしまいました。

ものすごくストレートに、感情むき出しのままのジーアに
共感する人は意外と多いのではないかと思いました、

インナーチャイルドを癒せないままの人は、実はかなり多いと思います。
蓋をしてしまい見ないようにしていたり、
見栄やプライドで決して認められなかったり、
癒すすべを知らず抱え込んだまま生きている人は、
実はたくさんいると思います。

理由や事情は異なっていても
子供の頃に「愛されたい」という欲望が満たされる経験がなかった場合、
大人になってからゆがんだ形で出てきてしまうのは、自然なのではないでしょうか。


私も似たような経験をしたことがあるので、ジーアの孤独と不安に共感しました。
ドラッグ中毒や暴力的な行為に走ることは、ありませんでしたが(笑)、
父親の愛人騒動の時に、母が自殺未遂をして、
その数日後に家出をした時、私は8歳か9歳でした。
まさに、見捨てられたのだと感じ、絶望と怒りを覚えたことを記憶しています。

ファッション関連の映画が好きなので、なんとなく見たのですが、
思った以上によくできていて、深く掘り下げて作られていました。

1ヶ月くらい前に、インナーチャイルドをようやく癒せたと実感できたので、
不思議なタイミングで、考えさせられる映画に出会いました。



  

スポンサーサイト



美しいものを見て浄化する

やっと晴れました。
雨ばかりで気分もふさぐし、毎日心にも埃がたまるので、時々はらわないとたまる一方です。

美しいものを見るとココロが晴れます。
風景や絵、写真やオブジェ、人だったり、花や木、空の色を見ると気持ちも晴れやかになります。

雨も続くし、職場では変な人ばかりいるので、浄化が必要です。
そんなわけでDVDをまた借りました。

美しいものを求める気持ちがなぜかとても強くなり、美しい人が出ている映画をかりました。
美しい男と言えば、やはりこの人でしょう。
Alain delon


その美しさが際立っているのはこの映画です。
Plain Soleil(太陽がいっぱい)




同じ人間とは思えない美しさです。
あまりの美しさに「悪魔」のように見えます。
そこが独特の魅力なのでしょう・・・!
単なるハンサムで薄っぺらい美しさで終わらないのは、そういった悪魔的なものが深みと奥行きをもたせているのだと思います。

内容とか筋立てははっきりいってどうでもよくなってしまい、美しさにただただ見とれてしまいます。
こんなに美しく生まれてしまったら、まぁ、フツーには生きていけませんわね・・・・
ギフトですね・・・

日常の中で目にしている雄で、こんなに美しく素敵な雄がいるわけがありません。
ほれぼれします。
こころの埃がサーッと一気になくなります。
音も立てずになくなっていきます。

先週は毎日毎日毎日これを見ていました。
楽しくて仕方がなく、帰宅後にこれを見るのが楽しみで、心の埃が一気にはれた気がしました。

「美しい」とは、何にも代えがたく、万人に幸せを与えられる素晴らしいものですね。
美しく生まれてしまったがためのミッションは、「与えること」。
おぉ、なんという素晴らしいミッションでしょう!

10日にDVDを返却したのですが、「美しいもの欠乏症」になってしまい、またDVDを5枚借りました。
延々と借り続けそうで、コワイ・・・・



DVD買っちゃおうかな・・・・・

「エリックを探して」

前回借りたDVDの中で、一番心に残ったのがこれでした。
「エリックを探して」
監督:ケン・ローチ

数年前から見たいと思って手帳に書いておいたのですが、ツタヤではなかなか探せず、DVDを買うしかないかなぁと思いながら日々が過ぎていました。
そして今年、思いがけず楽天レンタルの存在を知り、ようやく見ることができました。



主人公のエリックを始めとして、かっこよくてイケてる人は1人も出てきません。
現実に周りにいそうな人たちばかりです。
やぼったくて、パッとしなくて、みんな貧乏で、でも結構楽しく暮らしています。
主人公エリックは郵便局員です。
子供はデキが悪くて、学校にも行かず家でたむろしてウダウダしているし、2番目の奥さんにも逃げられ、最初の奥さんのことは忘れられず、溜息ばかりの毎日を送っています。
そんなエリックを、仲間の郵便局員たちが心配して、あの手この手で元気づけようとします。
リーダーの「ミートボール」が自己啓発や、スピリチュアル系の本を万引きしてきて、みんなで集まりヒーリングのようなことをします。
いい年したオジサンが万引きして来るというのが、おかしいですね。
そしていたって真面目にセルフヒーリングに取り組む場面が、クスッと笑わせます。
一番尊敬している人を心に思い浮かべるというワークを、みんなでした時に、「エリック・カントナ」の名前が上がります。

そして、その日の夜に、カントナ本人がエリックの目の前に現れるのです。
実物ではなく、幽霊のような幻のような形で表れるので、カントナの姿はエリックにしか見えません。
カントナは要所要所で現れ、時には励まし、諭し、笑わせ、勇気を与え、ヒントを与え、導いていきます。
これをカントナ自身が実際に演じているところがビックリですね!
演技もうまいし、いい雰囲気が出ていて、まるで本物の俳優のようです。

綺麗な女優やカッコいい俳優が1人も出てこないので、登場人物がとても身近に感じ、作り物のように見えません。
とてもリアルで、なぜだかホッとします。
ダメダメ男のエリックが、カントナに励まされながら、地道に不器用に頑張っていく姿が、仰々しくなく、かといって情けないわけでもなく、とてもほほえましいのです。
全体的にそんな雰囲気が流れている不思議な映画です。
なかなかこういう雰囲気の映画はないと思います。

なんといっても一番心に響いたのは、最初の奥さんリリーの人柄です。
リリーもとても普通な地味なオバサンで、近所にいそうな女性です。
とても真面目で、まっすぐで、地道に生きています。
結婚してすぐにエリックが蒸発してしまっ後、1人で娘を立派に育て上げました。
エリックと再会してから、少しばかり衝突もしますが、リリーは徐々に心を開いていきます。
そして、こう言います。
「あたなに感謝してるの。おかげでこうして自立できて、しっかり生きてくることができたから」

おぉ!
なんという素晴らしいセリフでしょう!
自分と子供を捨てた元夫にこんなことを笑顔で言えるでしょうか・・・・

リリーは「許す」ことを知っているのです。

終始一貫して、リリーのセリフの1つ1つ、笑顔、心豊かに生きる姿に、癒され、戒められ、学び、心があらわれます。

一生懸命生きる素朴な人たちの姿に、気持ちがホッコリします。

イギリス映画はさりげなく地味に面白いものが多いので、大好きです。





励みになりますのでポチッとお願いします。



日々の出来事 ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



「死ぬまでにしたい10のこと」

年末から楽天レンタルであれこれDVDを借りまくっています。
見すぎて、何からコメントをかいてよいやら、という状況ですが、まずはこれから。
死ぬまでにしたい10のこと



こちらの方がお安いですが、レビューの書き込みがありません。



余命2カ月、もしくは3ヵ月と宣告された23歳の女性アンは、誰にもそのことを言いません。
娘たちは、まだ2歳と5歳です。
甲斐性はありませんが、気がよくてやさしい夫は失業中から仕事が決まったばかりです。
一人でそっと泣き、苦しみながら、残された時間の中でやりたいことを10個書きだします。
そして、葛藤しながら、迷いながらも1つ1つを実行していきます。
淡々としているようでいながら、当然ですが、孤独で、つらく、苦しむアンの心理状態を、静かに抑えた演技で表現しているサラ・ポーリーに拍手です。
透明感があり、素朴ながら美しく、貧しい生活にも文句1つ言わずひたむきに健気に生きる23歳の女性を、まるでドキュメンタリーのように自然に演じています。

アンは普段から全てを素直に受け入れて生きています。
貧乏なことも、17歳で子供を産んだことも、父親が刑務所にいることも、夫がしばしば職を変えることも、母親が不満だらけで文句ばかり言っていることも、世間一般の感覚からすると惨めで悲しくなることも、受け入れて、理解して生きています。
その真っ直ぐな姿に、心打たれます。
決して押しつけがましくなく、一切アピールすることもなく、誰に語ることもなく、とりたて伝えようともしません。
残された命が2-3ヵ月しかないことも、誰にも言いません。
それは彼女の愛なのかな、と思いました。

いつも自分のことばかり考えている、何様の私は、この映画を見ている間中、恥ずかしくなってしまいました(;一_一)
若干23歳のアンの爪の垢を煎じて飲まなければ、と思いました。
みんなを幸せにすることがアンの喜びなのです。
だから文句も言わないし、人はいいけれど甲斐性のない夫にも決して愛想をつかさず、見守っています。
ネガティブ思考で文句ばかり言っている母親のことも理解し、「ママと口論したくないから」と言って、いつも一歩引いてあげます。
んて大人なんだろう・・・・・(;一_一)

死ぬまでにしたい10個の内容も、とてもささやかです。
アンが書きだしている文章が画面いっぱいに映るった時、涙が出てしまいました。
目の前の小さなささやかなことに、ありあまるほどの幸せがあるのです。
そーんなことに、ようやく少し気がついたミドルエイジの私です。

いい映画に出会えるのも、ありがたい幸せですね。



励みになりますのでポチッとお願いします。



日々の出来事 ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

映画三昧サイコー(^v^)③

性懲りもなく、また借りてしまいました。

昼下がり、ローマの恋
家族のかたち
ザ・ストーン・ローゼズ:メイド・オブ・ストーン
ブロークバック・マウンテン
エリックを探して
死にたいほどの夜
リヴ・フォーエヴァー
最高の人生をあなたと
アップサイド・ダウン:クリエイション・レコーズ・ストーリー

明日には届く予定です。

ツタヤには置いていないような希少モノもあるので、嬉しい限りです。
探す手間と時間が省けるのは、本当にありがたいですね~!

今回借りたのは、今までずっと見たいと思っていましたが、ツタヤにもないもの作品ばかりなので、飛び上がりたいほどうれしいです(*^_^*)
いつか見たいと思っているものは、手帳に記入しています。
映画だけでなく本や美術館、食べ物のお店などなど、気になるものは手帳に全て記入します。
近頃はスマホやタブレットが手帳の役割を果たしていますが、私は今でも手書きのシステム手帳が好きです。
充電する必要もないし、調子がいいとか悪いとか関係ないし、電波も関係ないし、思いつくままぐちゃぐちゃと書けるので、20年前から同じシステム手帳を使っています。
ボロボロですが、捨てられないのです・・・・・

話は逸れましたが、映画三昧の毎日で、来週も帰宅が楽しみです。



励みになりますのでポチッとお願いします。



日々の出来事 ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


 | ホーム |  »

어서오세요!Welcome!

감사합니다!Thank you!(*^_^*)

★クリックお願いします

FC2Blog Ranking

감사합니다!Thank you!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
1674位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
語学・英会話
318位
アクセスランキングを見る>>

お薦め商品